JCMI2001-大会ロゴ

大会開催にあたって - ごあいさつ -
大会長  ●プログラム委員長  ●実行委員長



ご挨拶

−第21回医療情報学連合大会(第2回日本医療情報学会学術大会)の開催にあたって−

                                       大会長           稲 田   紘
                                       東京大学大学院工学系研究科・教授

 第21回医療情報学連合大会は、2001年11月26日(月)〜28日(水)の3日間、東京都江東区のウオーターフロントにある東京ファッションタウンビル(東京国際貿易センター)にて開催されます。この会場は都心から少々離れていますが、新橋駅からの東京臨海新交通(ゆりかもめ)や東京モノレール・天王洲アイル駅経由での東京臨海高速鉄道(りんかい線)を利用すれば、東京駅からも羽田空港からも約30分でアクセス可能です。

 今回は医療情報学連合大会として21回を数えるとともに、昨年から正式な大会となった日本医療情報学会主催の第2回学術大会でもありますが、昨年とほぼ同じく19の学術団体の共催をいただくことができました。このため、従来の連合大会としての流れを基本としながらも、開催方針などその方向性について、今後の日本医療情報学会としての学術大会のあり方の機軸を打ち立てる礎としての役割を果たすことができればと考えています。

 さて、本大会は21世紀になって初めての大会ですので、IT(情報技術)を応用した医療のさらなる発展を願い、「ITによる新世紀の医療」というテーマを掲げました。新世紀を迎え、わが国の高齢・少子化がいっそう顕著化するなか、医療の役割は福祉との連携を強く求められるなど、ますます重要性を増すとともに、その担う役割も拡大の一途をたどっています。こうした情勢にあって、ITの適切な応用をはかることにより、“医療技術の革新”はもとより、“医療・福祉マンパワー不足への対処”や“医療におけるリスクマネージメントの確立”など、最近の諸課題の解決をめざす一方で、“EBM(Evidence-based Medicine)の推進”といったように、医学・医療のよりいっそうの科学化の実現をはかることが要請されます。

 このような点も勘案し、本大会の特別講演として、海外からはアメリカ・ニューヨークのコロンビア大学医学部のE. H. Shortliffe教授を、また国内では東京大学医科学研究所の中村祐輔教授を招請させていただきます。このうち、人工知能の医学応用のパイオニアとして有名なShortliffe教授は、2004年にサンフランシスコで開催予定のMEDINFO2004の組織委員長を務められますが、今回はアメリカにおいて進められている“次世代における医療分野におけるインターネットの利用”に関する講演をしていただきます。そして、中村教授には“ゲノム情報に基づくオーダーメイド医療”に関して、講演していただくことになっています。また、シンポジウムとして、「新世紀の医療への挑戦と医療情報の役割」、「医療情報の標準化」、「医療におけるリスクマネージメント」のように、特別講演と同様、大会テーマにふさわしい企画がなされました。こうしたプログラム委員会の企画による約100題の演題のほか、約350題の一般演題が予定されています。さらに、昨年ほどの規模ではないものの、関連企業による数々の工夫を凝らした企業展示が催されます。

 わが国の経済は、大会開催準備期間中にこれまで以上に低迷状態に陥るとともに、思いがけない“IT不況”なるものが到来したことに加え、アメリカのテロに起因するさらなる不況感の追い打ちを受け、まったく先の見えない状況にありますが、関係学会・諸団体・企業の多数の方々のご尽力・ご協力により、何とか開催にこぎつけることができました。医療にITを応用する医療情報学は、まだ十分とはいえませんが、その必要性からしても、今後のわが国におけるITの利用をリードする一つの大きな分野であると期待されます。このため本大会が、医学・医療分野における学術的な面での寄与のみならず、産業・経済面においてもIT利用の活性化を促す一助となることを願っています。

 今回は会場の都合により会期が平日になりましたが、東京では1993年の第13回大会以来と久しぶりの開催でもありますことから、多数の皆様方のご参加のもとに、今後の医療情報学の発展をめざした活発な議論が繰りひろげられ、新世紀における医療・福祉に貢献する成果が得られることを強く念じております。



プログラム委員長挨拶

                                        プログラム委員長    渡 邉 亮 一
                                        自治医科大学看護短期大学・教授


 第21回医療情報学連合大会(第2回日本医療情報学会学術大会)の開催に際して、プログラム委員長として一言ご挨拶申し上げます。

 今回の大会は、大会長の挨拶にも述べられておりますように、今日の医療に欠くことができないものとなっているIT(情報技術)を幅広く医療に応用することによって、21世紀の医療をさらに発展させたいと願って、メインテーマを「ITによる新世紀の医療」としました。しかし、一方で、ITを応用した医療を今後さらに発展させるためには、まだ数多くの課題が山積しております。そこで、今回の大会では、このような課題を克服するための方策をご議論いただくために、特別プログラムとして、特別講演4題、シンポジウム5題、パネルディスカッション4題、オーガナイズドセッション6題、ワークショップ9題と盛り沢山の内容を企画させていただきました。これらの企画が、今回の大会にご参加いただいた方々に多少なりとも参考になり、これからの医療や医療情報学の発展にいささかでも貢献できればと願っています。

 さて、今回の大会では、一般口演、ポスター、HyperDEMOなどの一般公募演題には、410題の演題のご応募をいただきました。今回は、演題の応募(抄録の登録)、論文の投稿はすべて、UMIN(大学病院医療情報ネットワーク)のオンライン学術集会演題抄録登録システムおよび論文投稿システムを用いて行っていただくことにしましたので、このような方法での応募に不慣れな方や締切日に登録された方にはアクセスの集中による混雑でご不便をおかけしたことと思いますが、それにもかかわらず、前述のように多数の演題のご応募をいただきましたことを心より感謝申し上げます。なお、今後は、本学会は言うにおよばず、他の学会でも、WWWを用いた演題募集方式の採用が増加していくものと思われますので、その意味では、今回の学会はその先駆けになったのではないかと考えております。

 皆様方からご応募いただきました演題は、それぞれについて、プログラム委員、副大会長、プログラム委員長のあわせて3名による査読を行い、発表形式の変更や抄録の修正などをお願いいたしましたが、残念ながら、一部の演題は不採用とさせていただきました。800文字の抄録で不採用を決められるのかというご意見もいただきましたが、前回の大会から印刷物としては大会当日に論文集を配布せず、抄録集のみを配布することにしておりますので、800文字の抄録で発表の内容がわかるものであることを大きな基準として採否を決定させていただきました。

 ご応募いただいた一般演題に対しては、今回の学会でも、前回に引き続き、総合、ベストポスター、ベストHyperDEMO、U−35(若手奨励賞)、企業筆頭演者の5つの優秀演題賞を設け、選考・表彰することにしております。なお、優秀演題賞の表彰は、明年6月に開催される日本医療情報学会シンポジウム2002で行う予定です。

 最後に、今回の大会のシンポジウム、パネルディスカッションなどの特別プログラムの一部はプログラム委員会で企画いたしましたが、ほとんどは共催団体の方々や日本医療情報学会の評議員の方々にご企画いただきました。また、演題の査読や優秀演題の選出については、プログラム委員の方々にたいへんお世話になりました。お名前を個々には記しませんが、本紙面を借りて厚くお礼申し上げます。さらに、プログラムの全体を編成するにあたっては、副大会長(プログラム担当)の大江和彦教授に多大なご尽力をいただきました。また、プログラムの編成や抄録集・論文集の製作などの実務では、東京大学医学部附属病院中央医療情報部の渡辺宏樹先生ならびに村上こずえさんにたいへんお世話になりました。厚くお礼
申し上げます。



実行委員長挨拶

                                   実行委員長            秋 山 昌 範
                                   国立国際医療センター情報システム部・部長

 このたび、第21回医療情報学連合大会(第2回日本医療情報学会学術大会)を開催するにあたりまして、ご挨拶させていただきます。

 さて、21世紀を向かえ、日本の医療・福祉制度は大きく変わろうとしています。時代背景として、IT(Information Technology)革命といった言葉が流行になっているように、今後の社会環境を効率的、効果的にしていかなければなりません。既に厚生労働省より診療録等の電子保存に関する通達も出され、電子カルテが現実のものとして導入が始まっています。また、e-JAPAN戦略の中でも、医療は重要なテーマとして位置付けられ、グランドデザインも発表されました。このような中で、保健・医療・福祉における情報化は、非常に重要かつ緊急性を要する課題となってきています。したがって、保健・医療・福祉分野においても、情報革命が必要であるというのは異論のないところです。既に、医療においては、遠隔医療や電子カルテなど多くの試みがなされています。

  昨年、第1回の日本医療情報学会学術大会となり、学術大会の性格としての改革が行われ好評を得ました。このような経緯を踏まえ、本大会でも、十分な討議時間、PC持参による口演発表、議論が深まるHyperDEMOなどの発表形式は継承いたしました。また、論文集をCD-ROM化し、冊子は希望者への配送なども昨年と同様にいたしました。好評のランチョンセミナーも実施いたします。

 また、本年は企業展示におきましても、新しい試みをいたします。展示していただきます各企業に、大会本部より画像や検査、レポートファイルを提供し、各企業には同じ情報を主要な各社のアプリケーションで、デモしていただきます。これによりまして、従来より一歩踏み込んだ比較検討ができるのではないかと、期待しております。さらに、スタンプラリーを実施いたしまして、スタンプを集められた参加者の方々には、各企業のソルーションを集めたCD-ROMを、無料で配布いたします。したがいまして、会場で十分検討できなかった点などを、施設に持ち帰りいただき、参加できなかった方々と一緒に追加検討していただけるものと期待しております。

 どうぞ多数の会員の先生方の御参加を心よりお待ち申しております。



Copyright(c) 1999-2001, Japan Association of Medical Informatics (JAMI). All rights reserved.